スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLACKOUT ♪the brilliant green

the brilliant green
前作から約8年ぶり、レコード会社を移籍し、夫婦2人体制になってからは初となるthe brilliant greenのオリジナルアルバム『BLACKOUT』です。
(※初回限定盤は黄色のシールが大変剥がしにくくなっております。要注意。)

【収録曲】
1. BLACKOUT
2. BLACK DARK NIGHT
3. I'm sick of this place
4. Talk to me
5. Blue Daisy
6. Break Free
7. Going Underground
8. WHIRLWIND
9. Spring Gate
10. Song 2(COVER)
11. I Just Can't Breathe...
12. LIKE YESTERDAY
13. BLUE SUNRISE


先行シングル群とは対照的な重々しいサウンドでアルバムの幕を開けるタイトルチューン「BLACKOUT」Tommy heavenly6寄りなロックサウンドを聞かせる「BLACK DARK NIGHT」、自分自身との葛藤を歌い上げた青臭いロックナンバー「I'm sick of this place」、移籍第1弾シングルにして、松井亮在籍時代最後のシングルとなった切ないブリグリ節全開の名曲「LIKE YESTERDAY」、引き続き切なくエヴァーグリーンなサウンドを届けた夫婦バンド化後、初のシングル「Blue Daisy」、書き下ろしのオリジナル曲の中に違和感なく収められたBLURのカヴァー「Song 2(COVER)」、シンプルなサウンドの中に愁いが漂うカントリー/フォーク調の「Break Free」、ギターリフとサビメロが強く印象に残る“責め”の一曲「WHIRLWIND」、など、歌詞は割と病んだ感じで鬱傾向なものが多いのですが、それを全く感じさせない色褪せることなくポップなメロディラインとTommyのボーカルによって、長年のブランクを感じさせない安心・高品質のブリグリサウンドを聴かせてくれる1枚となっています。
スポンサーサイト

Namie Amuro PAST<FUTURE Tour 2010@大宮ソニックシティ 大ホール

安室奈美恵
今年4月から始まった安室奈美恵の全国ツアー『Namie Amuro PAST<FUTURE Tour 2010』の52公演目となる2010年9月26日の大宮ソニックシティの公演を観てきました!

以下、ネタバレ。

» Continue Reading

2010/9/26付 PITACON

2010/9/26付 PITACON 
今週先週タイトルアーティスト
1NEWcrossroad浜崎あゆみ
2NEWOnly Girl(In the World)Rihanna
3NEW好きで、好きで、好きで。倖田來未
4NEWAliveMya
5NEWSEVEN DAYS WAR浜崎あゆみ
6NEWあなただけが倖田來未
71Beautiful LadiesCHiE
82元気者で行こう!真野恵里菜
94SUMMER TIME GONE倉木麻衣
105GiRLS SPiRiTmini
1110同じ時給で働く友達の美人ママスマイレージ
12NEWImpossibleShontelle
13NEWwalk~to the future~倖田來未
148パッと花咲く feat. VERBALMINMI
157Push Push feat. AkonKat DeLuna
1612WildflowerSuperfly
176Bumpy RideMohombi
189Hot-n-Fun feat. Nelly FurtadoN.E.R.D.
1911Hello Good Morning feat. T.I.Diddy - Dirty Money
2013The Answer三浦大知
2117Lφve Rainbow
2218負けない心AAA
2319タマシイレボリューションSuperfly
24NEWGive A Little MoreMaroon 5
2525忘れられない恋YU-A
2626ヘビーローテーションAKB48
2728一番綺麗な私を中島美嘉
283雨上がりの虹のように安倍なつみ
2916夢をあきらめないで安倍なつみ
3014Sweet LoveCHiE
3115家に帰ろう真野恵里菜
3224Baby baBymini
3320Just a DreamNelly
3429Dear Friendmini
3530指環SPEED
3631Roll Over The RainbowSuperfly
3734Danceでバコーン!℃-ute
3833My Way~Ulala~Dream
3935ShawtyCHEMISTRY + Synergy
4036スマイル美人スマイレージ
4138Free PlanetSuperfly
4242花束北乃きい
4337TracksSPEED
4440○○ がんばらなくてもええねんで!!スマイレージ
4521Bottoms Up feat. Nicki MinajTrey Songz
4622Freak feat. Kardinal OffishallEstelle
4739anywhere倉木麻衣
4841FantAstripDream
4932ちょこっとLOVEスマイレージ
5023Human Nature三浦大知


続きアリ。

» Continue Reading

RULE ♪土屋アンナ

土屋アンナ
今年3月に第2子を出産した土屋アンナの約2年ぶり、3作目となるオリジナルアルバム『RULE』です。

【収録曲】
1. Introduction
2. She Hates Me
3. Atashi
4. Brave vibration
5. Believe in Love
6. 暴食系男子!!/PE'Z×土屋アンナ
7. MY BATTLE
8. NEVER EVER
9. Human Clay
10. JUDGE
11. GUILTY
12. Shout in the rain
13. Voice of butterfly
-----[ Bonus Track ]-----
1. HEY YOU!
2. GUN!GUN!LOVE!



アカペラで力強くシャウトする「Introduction」から始まり、“土屋アンナ”という人間の生き方そのものを歌ったようなシングル曲「Atashi」、夏らしい爽快感を残すロックナンバー「Brave vibration」、全ての痛みを包み込むような優しさと美しさ、そして力強さを持ったドラマティックなバラード「Believe in Love」、姐御肌全開のボーカルで草食系男子を挑発・奮起させるPE'Zとのコラボ曲「暴食系男子!!」浜崎あゆみ「Sexy little things」を彷彿とさせる曲調の「MY BATTLE」、エレクトロなサウンドを取り入れたロックナンバー「JUDGE」、2年前に配信限定でリリースされた全編英語詞による『バイオハザード ディジェネレーション』のエンディングテーマ「GUILTY」豪雨の中で歌うホラーなPVが印象的なゴシックな「Shout in the rain」などの他に、ボーナストラックとして先行シングルにも収録されていた本人出演のauのCMソング「HEY YOU!」「GUN!GUN!LOVE!」の2曲も収録。サウンドは今回もロックが基調となっており、ボーカルの表現も多彩で表情豊か。前作と比べると少しばかり地味に感じられたりもしますが、今回も“土屋アンナ”らしさが滲み出たカッコいい作品に仕上がっていると思います。

No Gravity ♪Shontelle

Shontelle
Rihannaと同じバルバドス出身の女性シンガー・Shontelleの2nd Album『No Gravity』です。

【収録曲】
1. Perfect Nightmare
2. Impossible
3. No Gravity
4. Take Ova feat. Pitbull
5. Say Hello To Goodbye
6. DJ Made Me Do It feat. Asher Roth
7. Love Shop
8. Helpless
9. Kiss You Up
10. T-Shirt (Radio Killa Remix) feat. The-Dream



切ない泣きメロを歌い上げた手堅いリードシングル「Impossible」PitbullをフィーチャーしたRodney Jerkinsらプロデュースによるキャッチーなダンスポップ「Take Ova」、ギターサウンドを前面に押し出したミディアムナンバー「Say Hello To Goodbye」Bruno Marsが関与したファンキーでスタイリッシュなアップ「DJ Made Me Do It feat. Asher Roth」、キュートな魅力を振り撒くシンセR&B「Love Shop」フェードアウトがやや唐突な四つ打ちエレクトロチューン「Helpless」、9曲目なのにブックレット内で10曲目と誤植されているNo DoubtTony Kanalが関与した良質ミドルチューン「Kiss You Up」、トラックはほぼそのままでThe-Dreamがシンガーとして参加した前作からのヒットシングルのRemix「T-Shirt (Radio Killa Remix) feat. The-Dream」など、前作に顕著に表れていた“バルバドス出身!”をイメージ付けるレゲエ/ダンスホールの要素を完全に排除し、R&Bやエレクトロ系のポップチューンを軸とした全10曲の聴きやすい作品に仕上がっています。

COMPLETE BEST ALBUM 2002-2007 ~Singles & Rare Tracks~ ♪後藤真希

後藤真希
Hello!Project在籍時代のオリジナルシングルを完全収録した後藤真希のベストアルバム『COMPLETE BEST ALBUM 2002-2007 ~Singles & Rare Tracks~』です。タイトル通り、シングル集とレア音源集がセットになった2枚組となっています。アートワークは「ガラスのパンプス」以降のアーティスト写真をたっぷりと使用。使い回し写真満載のフォトブックも封入されています。

【収録曲】
[ Disc 1 / Single Tracks ]
1. 愛のバカやろう
2. 溢れちゃう...BE IN LOVE
3. 手を握って歩きたい
4. やる気!IT’S EASY
5. うわさのSEXY GUY
6. スクランブル
7. 抱いてよ!PLEASE GO ON
8. 原色GAL 派手に行くべ!
9. サヨナラのLOVE SONG
10. 横浜蜃気楼
11. さよなら「友達にはなりたくないの」
12. スッピンと涙。
13. 今にきっと…In My LIFE
14. ガラスのパンプス
15. SOME BOYS!TOUCH
16. シークレット



Disc 1には、モーニング娘。卒業後初のシングルとなったカバーシングル「サン・トワ・マミー/君といつまでも」を除く、シングル作品全16曲を収録。オリコン初登場1位を獲得したオリエンタルな雰囲気漂う鮮烈なソロデビュー曲「愛のバカやろう」Jessica Simpson「Irresistable」のパクリ曲「溢れちゃう...BE IN LOVE」モーニング娘。卒業公演のラストで歌った子供向けポップス「手を握って歩きたい」メロン記念日をバックダンサーに従え、80年代のユーロビートの空気感を取り込んだ娘。在籍時代最後のソロシングル「やる気!IT’S EASY」、主演映画『青春ばかちん料理塾』の主題歌でLIVEでの人気曲となった「スクランブル」、ラップパートも含んだ硬派なダンスチューン「抱いてよ!PLEASE GO ON」悲惨なタイトルが印象的なコミカルなポップチューン「原色GAL 派手に行くべ!」、大人っぽく成長した一面を見せたミディアムバラード「サヨナラのLOVE SONG」シャ乱Qはたけ作曲のロック歌謡「横浜蜃気楼」シャ乱Q・たいせー作曲の切なソング「さよなら「友達にはなりたくないの」」KAN作曲の良質バラード「スッピンと涙。」、初めてTOP10入りを逃し、今回がアルバム初収録となる黒歴史的扱いのつんく「今にきっと…In My LIFE」、ダンスと胸を強調したセクシー路線へと大胆に方向転換を図った「ガラスのパンプス」乳房~♪のフレーズが衝撃的なエロポップ「SOME BOYS!TOUCH」、ハロプロ在籍時代最後のシングルとなったセクシーなバラード「シークレット」といった、“アイドル・後藤真希”の栄光と迷走と模索の歴史が刻まれた内容となっています。

【収録曲】
[ Disc 2 / Rare Tracks ]
1. I WISH (ソロテイク Ver.)
2. SHALL WE LOVE? (後藤 Version)
3. 赤い日記帳 (後藤 Version)
4. 幸せですか? (後藤 Version)
5. 渡良瀬橋 (後藤 Version)
6. 涙の星 (アロハロ!バージョン)
7. 好きすぎて バカみたい (後藤 Version)
8. 抱いてよ!PLEASE GO ON (Korean Ver.)
9. スッピンと涙。 (Korean Ver.)
10. 僕らが生きる MY ASIA (ソロテイク Ver.)
11. LIKE A GAME (2006 SECRET LIVE Ver.)
12. LOVE。BELIEVE IT! (2007 G-EmotionII Ver.)
13. LOVE LIKE CRAZY (2007 G-EmotionII Ver.)



Disc 2は、参加ユニット曲のソロバージョンやLIVEで披露されたアレンジでレコーディングされた初出し音源などを収録したレアトラック集。中でも貴重なのが、モーニング娘。のヒットナンバーを単独で歌っている「I WISH (ソロテイク Ver.)」。まだ幼さの残る歌声と、最終的に割り振られたソロパート以外の部分をどんな風に歌っているのかが楽しめるトラックとなっています。そして、LIVE ver.として収録されている3曲は、ヲタの歓声混じりのLIVE音源ではなく、LIVE用アレンジでのレコーディング音源。その中でも「LOVE LIKE CRAZY (2007 G-EmotionII Ver.)」後藤真希史上最もCOOLで洗練されたサウンドで、SWEETBLACK路線歓迎派は必聴の神トラックとなっています。他にも、オリジナルよりも囁き成分多めに韓国語で歌う「スッピンと涙。 (Korean Ver.)」、ハワイ及びファンクラブ限定発売のベスト盤に収録されていたハワイアンな癒しアレンジの「涙の星 (アロハロ!バージョン) 」久住小春がいないので安心の歌唱力で最後まで聴けるモーニング娘。誕生10年記念隊「僕らが生きる MY ASIA (ソロテイク Ver.)」などが収録されています。

Welcome to Sa-World ♪SAWA

SAWA
高校で英語教師をしていたという異色の経歴を持つ女性アーティスト・SAWAの1stフルアルバム『Welcome to Sa-World』です。

【収録曲】
1. Opening Ceremony ~Sa-Worldへようこそ~
2. MerryGoRound
3. Stars
4. NightBus
5. Chocolate Zone ~野生のSAWA~
6. Throw him away!
7. ManyColors
8. I'm a president
9. Danger Zone ~逃げろ!危うしSa-World!~
10. Swimming Dancing
11. Planet-T
12. Friday Night
13. Eat It All ~Live in Sa-World~
14. I Can Fly
15. あいにいくよ
16. Dream about...
17. Thank you for visiting ~My name is...~



これまでに発表してきた5枚のミニアルバムから、それぞれのリード曲を1曲ずつ収録した全17曲入りの今作。初回盤に付属のDVD内のインタビューで“m-floから影響を受けた”と語っているように、SAWAの別人格であり、Sa-Worldの案内人・Suzy Brownによる遊び心に溢れたインタールードを挟みながら、アルバム1枚を通して1つの物語が展開されていくファンタスティックなコンセプトアルバムとなっています。アメコミチックなリリックの発想が面白い渋谷系ポップス「Throw him away!」、奇怪なダンスを披露するPVも必見の☆Taku Takahashiプロデュースによるエレクトロチューン「Swimming Dancing」、歌詞には直接出て来ない具体的なストーリーが存在する四つ打ちピアノハウス「NightBus」、“アルマゲドン”をテーマにしたとは思えないほどエヴァーグリーンでポップなサウンドを聞かせる「I'm a president」、カラオケでの光景を歌ったというグルーヴィーなダンスクラシック調の「Friday Night」、歌詞だけ読んだら西野カナ系なポップチューン「あいにいくよ」、“メリーゴーランドの中”を表現したというドリーミーな「Dream about...」など、自身でも打ち込みで曲を作り、様々なクリエイターとのコラボレーションによって作られたSa-Worldという独特の世界にどっぷりと浸れるエンタテインメント性の高い作品です。初回限定盤に付属のDVDには、PV3曲と、メイキング映像を2種類収録。このメイキング映像がとても見ごたえがあり、SAWAという女性の不思議な魅力の虜になること間違いなしの内容となっております(´∀`)

LAST SCENE ♪愛内里菜

愛内里菜
今年デビュー10周年を迎え、ベストアルバムで一区切りをつけた後、新たな制作活動をしていた中で、突然の引退を発表した愛内里菜のラストアルバム『LAST SCENE』です。

【収録曲】
1. Prologue
2. GOOD DAYS
3. Sing a song
4. MERRY-GO-ROUND
5. Love me
6. TIME
7. Priority
8. HANABI
9. IN MY SHOES
10. 37℃
11. LAST SCENE
12. C・LOVE・R
(13.~29.無音)
30.Epilogue


愛内里菜として10年間走り続けてきた彼女が、最後に伝えたいメッセージがぎゅっと詰まった今作。美しいピアノの調べに乗せて歌い上げるオープニングナンバー「Prologue」、爽やかなギターロックを聞かせる配信シングル「GOOD DAYS」、パーカッシブなアレンジが効いた躍動感あふれる「Sing a song」、負のスパイラルに巻き込まれている様を歌い上げたロックチューン「MERRY-GO-ROUND」、強気な態度で目指すものへと突き進んでいく姿を歌った「Priority」、意地っ張りな性格の女性が主人公のミディアムナンバー「Love me」、引退を決意するきっかけとなったというラストシングル「HANABI」、恋人への温かな想いが綴られたラブバラード「37℃」、幸せと感謝の気持ちを歌ったハッピーなポップナンバー「C・LOVE・R」、オープニングナンバーと対になる形でアルバムを締め括るシークレットトラック「Epilogue」など、誰もが経験する人生のワンシーンを切り取った作品となっています。デビュー当時のユーロビート系ダンスナンバーなどの派手な音楽性は今作では聴けませんが、30歳を迎えた大人の女性らしい等身大のサウンドと、様々な想いと決意を込めた力強い歌声によって、1曲1曲がじっくりと聴き応えのある作品に仕上がっています。初回限定盤には引退についても語ったアルバム制作のドキュメントを収録。20分弱の短い映像ですが、レコーディング風景や打ち合わせ中の様子など、普段見られない貴重な姿が見られます。

2010/9/20付 PITACON

2010/9/20付 PITACON 
今週先週タイトルアーティスト
1NEWBeautiful LadiesCHiE
2NEW元気者で行こう!真野恵里菜
3NEW雨上がりの虹のように安倍なつみ
41SUMMER TIME GONE倉木麻衣
53GiRLS SPiRiTmini
6NEWBumpy RideMohombi
7NEWPush Push feat. AkonKat DeLuna
819パッと花咲く feat. VERBALMINMI
9NEWHot-n-Fun feat. Nelly FurtadoN.E.R.D.
10NEW同じ時給で働く友達の美人ママスマイレージ
11NEWHello Good Morning feat. T.I.Diddy - Dirty Money
122WildflowerSuperfly
13NEWThe Answer三浦大知
14NEWSweet LoveCHiE
15NEW家に帰ろう真野恵里菜
16NEW夢をあきらめないで安倍なつみ
174Lφve Rainbow
186負けない心AAA
197タマシイレボリューションSuperfly
20NEWJust a DreamNelly
21NEWBottoms Up feat. Nicki MinajTrey Songz
22NEWFreak feat. Kardinal OffishallEstelle
23NEWHuman Nature三浦大知
2434Baby baBymini
258忘れられない恋YU-A
2610ヘビーローテーションAKB48
27NEWGotta Make You Mine三浦大知
289一番綺麗な私を中島美嘉
2938Dear Friendmini
305指環SPEED
3112Roll Over The RainbowSuperfly
32NEWちょこっとLOVEスマイレージ
3311My Way~Ulala~Dream
3416Danceでバコーン!℃-ute
3515ShawtyCHEMISTRY + Synergy
3617スマイル美人スマイレージ
3713TracksSPEED
3820Free PlanetSuperfly
3914anywhere倉木麻衣
4021○○ がんばらなくてもええねんで!!スマイレージ
4122FantAstripDream
4226花束北乃きい
43NEWStill Love YouCHiE
4424if西野カナ
4536これ以上 嫌われたくないの℃-ute
4625Get my way -Dance Ver. w/o Bridge-AILI thanx to Dream
4723Champagne LifeNe-Yo
48184 Seasons松下優也
4928Beautiful西野カナ
50NEWAlready TakenTrey Songz


続きアリ。

» Continue Reading

Light Ahead ♪ICONIQ

ICONIQ
CM/雑誌/着うたなど、あらゆるメディアを駆使した今年最大級のゴリ押しで、見事オリコン初登場3位を記録したデビュー作『CHANGE MYSELF』に続くICONIQのミニアルバム『Light Ahead』です。


なんと、全7曲中3曲は『CHANGE MYSELF』からの再収録。誰得?
【収録曲】
1. Girl Power
T.Kura/michico夫妻による新曲。倉夫妻らしいサイバーかつ洗練されたトラックがカッコ良過ぎて、ICONIQには勿体ないとすら感じるR&Bチューン。

2. TOKYO LADY
ワンコイン(500円)でリリースしたICONIQ初のシングルにして今作からの先行シングル。UTAがプロデュースしたロッキッシュなテイストの残るエレクトロ系ポップチューン。“何が、TOKYO LADYだ!お前は本当はKOREA(ry”っていう突っ込みは禁止で。

3. Change Myself
『CHANGE MYSELF』収録曲。というかタイトル曲。ICONIQのコンセプトそのものを歌った楽曲です。

4. Light Ahead
今作のタイトルチューン。黒木メイサなどを手掛けるMOMO"mocha"N./U-Key zoneコンビが制作。メイサ様よりも歌が聴きやすい点は評価できますな(´∀`)

5. I.D. feat. VERBAL(m-flo)
『CHANGE MYSELF』収録曲。VERBALが客演/プロデュースを手掛けたエレクトロなアップナンバー。余談ですが、今作の1週間前に発売されたm-flo『m-flo inside -WORKS BEST IV-』にも収録されています。

6. Kiss & Cry
MiChiなどを手掛けるTomokazu "T.O.M" Matsuzawaのプロデュース曲。80'sな懐かしさを溶け込ませたポップなエレクトロチューン。

7. BYE NOW!
『CHANGE MYSELF』収録曲。T.Kura/michico夫妻制作による前作収録曲の中でも特に人気の楽曲。でも、だからといって別に再収録しなくても良かったよね。

と、新曲の出来はなかなかですが、明らかな曲数稼ぎに入れたありがた迷惑な3曲が完全に邪魔な1枚となっております。これなら4曲A面で強引にシングル扱いにして発売した方が良かったんじゃないですかね?シングルだったらかなりの充実作だと思うんですが。前作に宣伝費を使いすぎたor宣伝費を回収しきれなかったせいか、プロモーションも控えめ(まぁ、前作が異常過ぎたんですけどw)で売上も低調だし、構成的にも商業的にも失敗作の臭いがプンプンします。
なお、DVD付きには3曲のPVと、初回盤のみLIVE映像7曲を収録。DVD込みだったらお腹いっぱい楽しめそうですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。